2018 クロストーク 社員紹介

crosstazawa

繊維原料部

藤井 燿平

crossmori

繊維原料部

山本 大輔

― お二人は仕事上どのように関わっていますか?

  山本:京都の丹後地区の営業を一緒に回っています。 これから営業の仕事を始める藤井君が一人で営業に行けるように教えている段階ですね。 今後は私が担当している海外のお客様とのやり取りを助けてもらうことも増えていくと思います。
  藤井:僕はベトナムの生産管理から帰ってきたばかりで まだ営業の経験がほとんどないので、山本さんの営業の様子を見て勉強していきたいと思っています。

― お互いの最初の印象は?

  山本:一言でいうと、真面目。 でもただ業務をこなすだけではなくて、頼んだこと+αのことができる後輩だなと思っていました。 彼がベトナムにいる間に何度か現地に出張に行って話したりしましたが、そのたびに生産現場での工員とのやりとりや、 仕事に対する姿勢がしっかりとしたものになっていることを感じました。 営業でもそのモチベーションで臨んでほしいなと思います。
  藤井:山本さんの最初の印象は、 とにかく何でもできる人、という感じでした。電話で業務についての報告や相談をした際も、 正確な答えやアドバイスが返ってくるので、本当に頼りにしています。営業に関しても、 業務をそつなくこなして、海外との取引でもあわてず対応されている姿を見て、見習いたいなと思います。

―後輩に今後期待する部分や先輩に教えてもらいたい点は?

  藤井:まずは営業ノウハウについてですね。 まだまだわからないことだらけなので、疑問に思ったことはすぐに質問していこうと思います。 あとは、貿易業務についてです。実は今ヨーロッパ地域との取引の書類作成をやりはじめているのですが、 山本さんは海外とのやりとりもスムーズにされているので、営業だけでなく事務的なところも教わっていきたいです。
  山本:藤井君には和装だけでなく、 合繊などシルク以外の繊維も早い段階で担当してもらおうと考えています。今までそういう人はあまりいなかったので、 不安もあるかもしれませんが、既存の業務だけでなく、新しいことにも挑戦し開拓する パイオニアのような存在になってほしいです。彼ならできると思うので、期待しています!
  藤井: パイオニアですか…かっこいい響きですね(笑)。期待に応えられるよう頑張ります!

―営業を行う中で大切にしていること

  山本:とにかく準備をしっかりとしてから訪問することです。 売りたいもの、商品についてもそうですが、話す内容や、日ごろの業界や世間の情報についても 前もって用意してから、お客様と話すようにしています。
  藤井:僕の場合は大切にしていきたいことになりますが、 相手の気持ちをくみ取る、コミュニケーションをとることは重視していきたいと思っています。 初めのうちはお客様が何を求めていて、どういう対応をすべきなのかをつかむことが重要になってくると思うので、 商品知識なども身に着けつつ、たくさん会話をして信頼関係を築いていきたいですね。

既存の業務だけでなく、新しいことにも挑戦するパイオニアのような存在に

― お二人は仕事上どのように関わっていますか?

  山本:京都の丹後地区の営業を一緒に回っています。 これから営業の仕事を始める藤井君が一人で営業に行けるように教えている段階ですね。 今後は私が担当している海外のお客様とのやり取りを助けてもらうことも増えていくと思います。
  藤井:僕はベトナムの生産管理から帰ってきたばかりで まだ営業の経験がほとんどないので、山本さんの営業の様子を見て勉強していきたいと思っています。

― お互いの最初の印象は?

  山本:一言でいうと、真面目。 でもただ業務をこなすだけではなくて、頼んだこと+αのことができる後輩だなと思っていました。 彼がベトナムにいる間に何度か現地に出張に行って話したりしましたが、そのたびに生産現場での工員とのやりとりや、 仕事に対する姿勢がしっかりとしたものになっていることを感じました。 営業でもそのモチベーションで臨んでほしいなと思います。
  藤井:山本さんの最初の印象は、 とにかく何でもできる人、という感じでした。電話で業務についての報告や相談をした際も、 正確な答えやアドバイスが返ってくるので、本当に頼りにしています。営業に関しても、 業務をそつなくこなして、海外との取引でもあわてず対応されている姿を見て、見習いたいなと思います。

―後輩に今後期待する部分や先輩に教えてもらいたい点は?

  藤井:まずは営業ノウハウについてですね。 まだまだわからないことだらけなので、疑問に思ったことはすぐに質問していこうと思います。 あとは、貿易業務についてです。実は今ヨーロッパ地域との取引の書類作成をやりはじめているのですが、 山本さんは海外とのやりとりもスムーズにされているので、営業だけでなく事務的なところも教わっていきたいです。
  山本:藤井君には和装だけでなく、 合繊などシルク以外の繊維も早い段階で担当してもらおうと考えています。今までそういう人はあまりいなかったので、 不安もあるかもしれませんが、既存の業務だけでなく、新しいことにも挑戦し開拓する パイオニアのような存在になってほしいです。彼ならできると思うので、期待しています!
  藤井: パイオニアですか…かっこいい響きですね(笑)。期待に応えられるよう頑張ります!

―営業を行う中で大切にしていること

  山本:とにかく準備をしっかりとしてから訪問することです。 売りたいもの、商品についてもそうですが、話す内容や、日ごろの業界や世間の情報についても 前もって用意してから、お客様と話すようにしています。
  藤井:僕の場合は大切にしていきたいことになりますが、 相手の気持ちをくみ取る、コミュニケーションをとることは重視していきたいと思っています。 初めのうちはお客様が何を求めていて、どういう対応をすべきなのかをつかむことが重要になってくると思うので、 商品知識なども身に着けつつ、たくさん会話をして信頼関係を築いていきたいですね。

二人の個人インタビューはこちら!

HOME

STAFF一覧へ戻る